読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arantium Maestum

プログラミング、囲碁、読書の話題

Clojure入門 - Project Eulerを解いてみる 問4

第四問

回文的な商の探索。

以下ネタバレ

ライブラリの一つであるmath.combinatoricsを使ってみる。

leiningenでプロジェクトを作成し、project.cljdependency指定。その後ロジックを記述するcore.clj内にuseでライブラリ使用を宣言する。

あとは単にcartesian-productを使うだけ。

(use 'clojure.math.combinatorics)

(defn palindrome [n]
  (= (list* (str n))
     (reverse (str n))))

(defn largest_palindrome []
  (apply max
    (filter palindrome
      (map #(apply * %)
        (apply cartesian-product
          (repeat 2 (range 100 1000)))))))

ここに至ってようやくapplyを理解する。今までサンプルコードなどを観ていても(reduce + col)(apply + col)ってどう違うんだろう?と疑問に思っていたのが氷解。

(reduce + [a b c d])(+ (+ (+ a b) c) d)なのに対して(apply + [a b c d])(+ a b c d)になる。Pythonでいうところのargument unpackingだ。