Arantium Maestum

プログラミング、囲碁、読書の話題

LLVM

HaskellでLisp to LLVM IRコンパイラ その5 ( LispValの定義、パーサ作成とSSA中間言語への変換)

LispValという再帰的なデータ型を定義して、まずコードをそのLispValとしてパースする。流れはインタプリタを作った時とまったく同じ。 インタプリタの場合はそこでevalを適用したが、コンパイラの場合はそこからSSA中間言語に変換を加えていく。 LispVal型 …

HaskellでLisp to LLVM IRコンパイラ その4 (SSA中間言語)

LLVM IRに落とし込む前のステップとして簡略化した独自のSSA中間言語に変換しておく、という話を前回した。 その中間言語の各行を表現するデータ型がこれ: data SSA = Alloc String | Store String String | Load String String Lispと違ってこの言語は再帰…

HaskellでLisp to LLVM IRコンパイラ その3 LLVM IRへの出力(数字の出力)

前回に続いてLLVM IRで数字を返す方法を考える。 比較的簡単でこのような形になる: %1 = alloca i32 store i32 3, i32* %1 %2 = load i32, i32* %1 スタック上に%1という変数をalloca命令で用意する %1に3という値を代入 %1に含まれている値を一時変数%2に…

HaskellでLisp to LLVM IRコンパイラ その2 LLVM IRへの出力(簡単なテンプレート)

LLVM IRというのはLLVMコンパイラ・フレームワークが定義・利用する中間言語だ。 https://en.wikipedia.org/wiki/LLVM#Intermediate_representation LLVMフレームワークでは、コンパイラのFront Endはソース言語をこのIRに翻訳することに集中し、Back Endは…